竹花工業株式会社 竹花工業株式会社
ホーム 企業案内 事業案内 ギャラリー 不動産 リクルート お問い合わせ  
 


事業案内
住宅事業部
建築
土木
コンクリート補修・補強
リフォーム
コンクリート補修・補強
リフォーム
情報通信事業
取扱い商品
 
セラミックキャップバー(CCb)工法

当社では、コンクリート構造物の耐震補強という現代のニーズに応えるために設立した、セラミックキャップバー (CCb)工法研究会に参加しています。この工法は、建設技術審査証明事業実施機関である一般財団法人土木研究センターより、建設技術審査の証明を受けた、信頼ある工法です。正会員として参加する当社は、セラミックキャップバー(CCb)工法の普及と、さらなる技術向上に努めています。

セラミックキャップバー(CCb)工法
この工法は、既存のRC構造物に後施工型のせん断補強を目的としています。セラミックキャップバーは、両端に大きさの異なる定着体を設置したねじ節鉄筋です。既存構造物の表面から削孔を行い、その孔内に「セラミックキャップバー(CCb)」を挿入し、固定します。これにより、構造躯体を一体化し、部材のせん断耐力を向上させ、じん性を確保する工法です。
 
●ねじ節鉄筋 :SD295A・SD295B・SD345 ●セラミックキャップバー(CCb)呼び径 : D13・16・19・22・25・29・32


   

| リンク集 | サイトマップ | 個人情報への取り組み |
Copyright 2008. TAKEHANA KOUGYO CO.,Ltd. All Rights Reserved.